【インフルエンサーマーケティングの支援企業とは?】種類から業務内容まで詳しく解説!

憧れのインフルエンサーと一緒に仕事をしてみたいという夢はあるけれど、自分が今まで携わってきたWebマーケティングの経験も活かしたいと思っている方はいらっしゃいませんか?

そんな方におすすめなのがインフルエンサーマーケティングの支援企業への転職です。

この記事ではインフルエンサーマーケティング支援企業の種類から業務内容まで詳しく説明します。

インフルエンサーマーケティング支援企業とは?

インフルエンサーマーケティング支援企業とは、ソーシャルメディアを通じて世間に影響力を持つ人=インフルエンサーを通じて行うインフルエンサーマーケティングを、各企業からの依頼を受けて企画し、適切な運用をサポートしてくれる企業のことを言います。

インフルエンサーマーケティングの市場規模は急激に拡大し続けており、2023年には500億円を突破し、2028年には933億円に到達すると予測されています。

しかし市場が拡大し続けているからといって、全ての企業がインフルエンサーマーケティングについて適切なノウハウや必要な知識を持っているわけではありません。

そのためインフルエンサーマーケティングを行う際に業務代行や、運用のサポートを行ってくれる企業が必要となるわけです。

参考:株式会社デジタルインファクト【インフルエンサーマーケティング市場規模 2017年-2028年】

インフルエンサーマーケティング支援企業の主な業務内容について

インフルエンサーマーケティング支援企業では主に次のような業務を行っています。

企業が売りたい商品やサービスに合ったインフルエンサーのキャスティング

インフルエンサーマーケティングを理解し、企業のマーケティング戦略に合ったPRや投稿ができるインフルエンサーを探します。

インフルエンサーとの打ち合わせ

インフルエンサーに企業が売りたい商品やサービスについて説明し、マーケティング戦略について理解してもらえるようコミュニケーションを取るのです。

インフルエンサーマーケティングの企画から運用までのディレクション

宣伝方法や実施期間を定め、インフルエンサーマーケティングを実行します。

データ収集と解析

収集したデータを解析し、今後の運用改善につなげるのです。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

インフルエンサーマーケティング支援企業の種類について

インフルエンサーマーケティングの支援企業はサポートする内容に応じて4種類に分類することができます。それぞれの特色をご紹介します。

総合ディレクション型の企業

総合ディレクション型の企業とは、現在の日本におけるインフルエンサーマーケティング支援企業の中で最もメジャーなサポート体系の企業です。

最初にインフルエンサーマーケティング専門のコンサルタントやプランナーが、企業の売りたい商品やサービスについてのマーケティングにおける課題をヒアリングします。

そして課題を解決するにはどのようなインフルエンサーマーケティングを行うのがよいかの提案や、その企業のニーズに合ったインフルエンサーのキャスティング、運用と分析を行ってくれるのでしょう。

自社の持つインフルエンサーマーケティングのノウハウでは望む結果が得られなかったり、初めてインフルエンサーマーケティングを行ったりする企業におすすめです。

プラットフォーム型の企業

プラットフォーム型の企業では、インフルエンサーと個別に交渉を行う場所=プラットフォームを提供しています。

そこを介してインフルエンサーと企業がインフルエンサーマーケティングについて直接やりとりを行うのです。

プラットフォームでは登録しているインフルエンサーを指名したり、公募をかけたりすることができるので、インフルエンサーが決まればギャラの交渉なども行うことができます。

自社で既にインフルエンサーマーケティングに取り組んでいて実績がある場合は、コストの削減にもつながるのでおすすめです。

特定ジャンル・マイクロインフルエンサー特化型の企業

ある特定のターゲット顧客層やジャンルを絞ったインフルエンサーマーケティングを支援してくれる企業のことです。

全ての属性に対応できるわけではありませんが、マイクロインフルエンサー系、漫画・アニメ系、10代系、ビジネス系などのジャンルに対応する企業が見受けられます。

それほど拡散力がなくても高いエンゲージメントにつなげたい企業におすすめです。

ツール・データ提供型の企業

インフルエンサーマーケティングを行った後は、その結果を調査したり分析したりしてより効率のよい運用に改善していく必要があります。

ツール・データ提供型の企業ではこのような調査や分析の時に使用するデータやツールを整理して提供してくれるのです。

定量的・定性的な情報を基に、自社でインフルエンサーマーケティングのキャスティングから運用までを行いたい企業におすすめです。

 

インフルエンサーマーケティングの支援企業がよく中途採用を行う職種とは?

インフルエンサーマーケティングの支援企業は比較的中途採用に積極的ですが、その中でもよく求人がかけられている職種についてまとめてみました。

企画営業:企業の課題解決に寄り添える!

インフルエンサーマーケティングを行いたい企業の課題をヒアリングし、ニーズに合った手法の提案と適切なインフルエンサーをキャスティングする仕事です。

インフルエンサーマーケティングはWebマーケティングの中でも急激に成長を続けている分野ではありますが、まだノウハウや手法が未成熟なため適切なアドバイスやサポートをしてほしい企業はたくさんあるのではないでしょうか。

そのような企業を見つけてインフルエンサーと良い形でつなげ、運用のサポートまでを行うので時間や手間のかかる仕事ではありますが、うまくいけば大きな実績となるのが企画営業という仕事のやりがいと言えるでしょう。

ディレクター:Webサイトを通じて企業とインフルエンサーの課題を解決!

インフルエンサーマーケティングの支援企業におけるディレクターの位置づけはさまざまで、会社によって仕事の内容がかなり異なるという特徴があります。

例えばインフルエンサーとファンとの交流サイトを立ち上げて、それに登録して活用してくれるインフルエンサーにアプローチし運用のサポートまでを行う場合や、企業のマーケティング施策全般のサポートをしながら戦略の1つとしてインフルエンサーマーケティングを行う場合もあるのです。

ディレクターに転職したい場合は、どのような仕事を任せてもらえるかをよく確認することが転職を成功させる秘訣と言えるでしょう。

エンジニア:インフルエンサーマーケティングを技術力で支える!

インフルエンサーマーケティングを行う上で企業が直面する課題を、設計力・技術力で解決し、会社のビジネスを拡大させるのがエンジニアの仕事です。

具体的にはシステムの機能開発や運用が主な仕事となりますが、企業が伝えてくる抽象的なニーズをシステムに落とし込んでいく必要があるため実は高いコミュニケーション能力が必要とされる仕事でもあります。

まずはシステムを創り、リリースするという新しい挑戦に前向きに取り組むことが必要なので、メンタルの強さを期待される職種であるということも覚えておきましょう。

デザイナー:ターゲット顧客が使いやすいWebサイトをデザインする!

インフルエンサーマーケティングはWeb上のサイトやプラットフォームを使用して行いますが、それらがもしターゲット顧客にとって使いにくいものであれば、どれだけインフルエンサーに魅力があっても効率的に集客を行うことはできません。

そのため、デザイナーは常にターゲット顧客にとって使いやすく、また使ってみて楽しいと思えるようなシステムやビジュアルをデザインする必要があるのです。

これらのことから、インフルエンサーマーケティングの支援企業でデザイナーの仕事をするためには、ある程度Webマーケティングについての知識や経験も持っている方が望ましいでしょう。

具体的には企業のニーズに沿ったシステムの設計、実装、新機能開発から運用改善までを行います。

Web広告運用:戦略策定から運用まで全体を見渡せる!

Web広告にはGoogle広告、Yahoo!広告、SNS広告などさまざまなジャンルが存在しますが、インフルエンサーに宣伝を行ってもらうインフルエンサー広告という広告手法も存在します。

企業からギャラをもらい「PR」「AD」「企業名・商品名」のタグやタイトルをつけて、自分の感想と共に発信するのが一般的なインフルエンサー広告です。

しかしこれらをつけずに発信すると広告であることを隠してプロモーションしていると見なされ、ステルスマーケティングという違法行為になってしまいます。

このようなリスクを回避し、インフルエンサーの持つ価値観を活かしてターゲット顧客目線のPRが行えるよう知識を活かしてサポートするのがWeb広告運用担当者の役割です。

具体的には企業のニーズにあった広告戦略の策定から運用改善までを行います。

インフルエンサーマーケティング支援企業で働いてみたい方はエンタメ人まで!

『エンタメ人』では、インフルエンサーマーケティング支援企業についてここにしかない非公開求人や高待遇案件を多数掲載しています。

『エンタメ人』の運営会社である株式会社エイスリーはタレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界の各社と太いつながりがあるためこのような特別案件のご紹介が可能となっているのです。

そしてエンタメ業界経験者であるキャリアアドバイザーだからこそ可能な、書類選考・面接対策で内定獲得率をアップさせていきます。

徹底したサポートにより、登録から内定まで最短2週間でのスピード転職も実現可能です。

本気でインフルエンサーマーケティング支援企業への転職を考えているなら、ぜひ『エンタメ人』にご相談ください。