【転職のきっかけとなる3要素】年代別の転職時の注意点と考えておくべきこと解説

転職したくなるきっかけは、人それぞれのようでいて、実は似ていることも多いです。今回は、転職を考えるきっかけとなる3つの要素と、年齢別にどんなきっかけの人が転職に踏み切っているのか、リアルな情報と対処方法をまとめました。

この記事の監修者

荻原
荻原キャリアアドバイザー

大学では、2Dアニメーションの他にMaya、3DMAX等3DCG技術、制作進行等を学修。
大学卒業後、大手映像制作会社にてプロデューサーとして企画、面接、キャスティング、予算管理からディレクションまで幅広い業務に携わる。

プロデューサーとしての経験を活かし、他とは違う一歩進んだ支援を実施いたします

転職を考えるきっかけとなる3つの要素

①社会変化による会社の将来性への不安

まず1つ目は、会社の将来性への不安がきっかけとなるパターンです。

自分がいる業界、自分が関わっている事業に成長性を感じられなくなった際、長期的にキャリア形成する環境として適切なのか、不安を感じてしまうことがありますよね。自分がどれだけ好きな仕事をできていたとしても、将来性の低い環境に身を置くことは不安に思うものです。

またIT化が急速に進んだことで、新たな技術やサービスが目まぐるしいスピードで開発されるようになりました。それに伴い10年前まで安泰だと言われていた業界や企業も、大規模なリストラを行うようなことも発生しています。

こういった背景から、転職を検討する方は多くいらっしゃいます。

②現職の給与・待遇・福利厚生への不満

2つ目は在籍している企業の待遇に不満を感じて転職を考えるパターンです。

何年も働いたのに給料がほとんど上がらない、働き方改革が叫ばれている世の中で一向に残業時間が減らないなど、同業他社と比べて、自分の環境が劣悪に感じたことがある人もいるかもしれませんね。

最近では、従業員の口コミもサイトやSNSに掲載されるようになり、これまで得ることができなかった他の人の待遇に関する情報も、目に入る機会が生まれました。そのため、それぞれの会社の平均年収、労働時間などが、おおよそすぐに分かってしまいますよね。

結果、他の環境に変えるだけで転職できるのでは?という思いから、転職を考える人も多いです。実際に年収が上がることも多々あります。

③自身を取り巻く環境の変化に伴う優先順位の変化

3つ目は自身の環境の変化をきっかけに転職を考えるパターンです。

例えば結婚や出産などによる環境の変化が挙げられます。自分を取り巻く環境が変化すれば、自分の人生において優先するもの・順位に変化が起こることが多々あります。

終電ギリギリまで残業していた方が、出産を機に毎日定時で帰るようになった、など皆さんの周囲でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

現職で対応してもらえる場合は、現職での働き方を変える、部署異動するなどでもいいかもしれませんが、現職で対応してもらえない、新規一転職場を変えたいという場合は、転職に踏み切る方も多くいらっしゃいます。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

【年代別】転職を考えるきっかけ

20代が転職を考えるきっかけと注意点

20代で転職を考えるきっかけとして多いのは、会社の将来性に関する不安や自分自身の考え方の変化によるものです。

新卒で入社する会社は、まだ社会のことがあまり分からない中で、選んだ方も多いのではないでしょうか。実際に働く中で、会社を選ぶときに見えていなかったことが見えるようになり、社会の中でも立ち位置も見えてくるのが20代です。

社会のことが見えてくる中で考え方が変わり、転職を決意される方は多くいらっしゃいます。入社するときに、「一生この仕事をするんだ」と決心した方の中にも、入社してから業界の印象が変わった方がいるかもしれませんね。

さらに、新しいビジネスの台頭により別の領域でキャリアを積んでいきたいと考えるケースもあります。

このように、転職を考えるきっかけがある20代ですが、20代は未経験の業界にチャレンジすることも十分に可能です。チャンスがあるからこそ色んな事に目移りしてしまう部分もあるかもしれません。

気をつけなければいけないのは、一時的な感情や興味で転職をしてしまわないことです。働いている中で、気に入らないことや思い通りにいかないことが出てくるのは当然のことです。

しかし、自分が直面した問題ばかりを大きく捉え、隣りの芝が青く見えて転職に踏み切ると、転職後に後悔する結果に終わってしまう可能性も高いです。自分の持っている知識だけで判断せず、なるべく多くの情報を得た上で転職を決断することをオススメします。第三者に相談するなどして、客観的な視点を持つことも大切にしましょう。

30代が転職を考えるきっかけと注意点

20代で転職を考えるきっかけとして多いのは、会社の将来が見えてくることやライフイベントによるものです。

10年ほど働いてみて、組織の情報がより明確に見えてくるようになります。このまま40代まで働いた場合の役職や年収など、組織内での具体的な着地点が見えてくるのがこの時期です。

また結婚、出産などで自身の環境に大きな変化が起きる方も20代以上に増えてきます。環境の変化によって、これまでとは違った条件を職場にも求めるようになることも多いです。現職でその条件を満たせない場合は、転職したほうがいいかもしれません。

そんな30代の転職で気をつけるべきポイントは、転職先の内情をなるべく深く理解した上で転職をすることです。30代の転職では、自分に期待されていることが明確になっているケースが多いです。

実際に働いてみなければ分からない部分もありますが、転職先の内情はなるべく深くヒアリングをして、現職と同じようなことにならないか、キャリアアップが見込める領域か、よく見極めるようにしましょう。

40代,50代が転職を考えるきっかけと転職における注意点

40代、50代になると、キャリアの終わりや子育ての終わりが見えてきて、新しいことに挑戦したいという気持ちが芽生えて、転職を決心される方が一定数います。

ただ、40,50代だと、経験者採用にほとんど絞られてくるのが実状です。そのため、他の職種にチャレンジするというよりも、専門性を磨いてきた領域で役割を広げられる領域に絞って転職活動をしたほうがいいでしょう。

【転職のきっかけ】転職活動を始める際に押さえておくべき3つのポイント

①転職活動開始から入社まで、2、3ヶ月は時間がかかる

転職活動のスケジュール感はしっかりと把握しておきましょう。想定よりも時間がかかると感じる方が多いようです。入社までは少なくとも2、3ヶ月はかかるため、入社したい時期から逆算して行動することが大切です。

また転職活動を成功させるためには、準備が大切になってきます。早め早めの行動を心がけましょう。

②望まない転職を繰り返さないためにも現状やキャリアの整理は丁寧に

ご自身の経験をしっかり棚卸しすることも怠らないようにしましょう。大きく忙しいプロジェクトの途中で、嫌気が差して転職したいと考える人も多いようですが、忙しいときほど自分の仕事が充実していると考えることもできます。その場合、今のプロジェクトを終えてから転職したほうが、将来のキャリアアップに繋がりやすいこともあります。

また、過去にも転職したことがある場合は、それぞれの転職理由について振り返ってみましょう。同じような理由で転職を繰り返している場合、次の転職も同じように進めて同じように転職を繰り返してしまうリスクがあります。

自分の現状やキャリアを俯瞰的に見ることで初めて見えてくることは多いです。必ず丁寧に整理して、後悔のないようにしましょう。

③転職サイトに出てこない求人・情報も多く存在する

近年、様々な採用手法が出てきています。そのため、積極的に採用活動を行っていても、転職サイトに求人を出していない企業も出てきました。例えば、リファラル採用や転職エージェントからの紹介で採用する会社も増えてきました。

SNSやWeb上には多くの情報が出回っていますが、何が正しいのか分からなくなり、混乱してしまっている人も少なくないようです。採用していないと言われている企業でも、一部の採用チャネルでのみ採用をしている企業もあります。

転職を成功させるためには一面的な情報で判断せずに、多面的に情報や求人を収集することが求められます。

エンタメ業界専門の転職を視野に入れている方は、エンタメ人まで!

エンタメ業界への転職を視野に入れている方は、「エンタメ人」までご相談ください。

エンタメ業界専門の転職エージェントがリアルな情報やアドバイスを提供します。エンタメ人の運営会社である株式会社エイスリーは、長年キャスティング事業を営んできたことから、業界各社との強いコネクションがあり、非公開求人も紹介することができます。

エンタメ業界への転職を考えている方は、ぜひお気軽にご連絡ください!

バナー