クリエイティブな仕事に就くには?向いている人の特徴から未経験で目指す方法まで詳しく解説

この記事の監修者

志土地
志土地キャリアアドバイザー

番組制作会社に新卒入社後、リサーチ会社に転職。
長年、テレビ番組などで扱う情報や映像などのリサーチャーとして勤務。
働く中で、エンタメ業界で人材が流動的なのを目の当たりにしたことをきっかけに、
エンタメ業界で働きたい方・業界内の転職を考えている方の転職サポートをしております。

クリエイティブな仕事とは?

クリエイティブな仕事に就きたいと考えた時、どんな仕事を思い浮かべますか?
クリエイティブな仕事とは、頭の中にあるイメージを具現化する仕事です。

アーティストやクリエイターなどの芸術分野における仕事はもちろん、想像力・創造力を駆使し、それを形にする仕事であれば、他の分野でもクリエイティブな仕事であると言えるでしょう。

例えば、Webサイトの構築をするエンジニア、動画制作を行うYouTuber、企業で商品やサービスの企画や開発を行う仕事もクリエイティブな仕事です。

芸術分野でなくても、クリエイティブな仕事は世の中にたくさん存在するということです。

クリエイティブ職とプロデューサー職の違い

クリエイティブ職とプロデューサー職には、どのような違いがあるのでしょうか。

自分の手で作品を生み出すのがクリエイティブ職で、プロジェクトの総指揮を取り、全体を見渡して統括するのがプロデューサー職だと言えます。

プロデューサー職も作品を生み出していますが、クリエイティブ職のように自らの手を動かすことはなく、現場で指示を出す中で自分のアイデアを形にしていくという違いがあるのです。

何か作品を見た時に自分も作りたいと感じる人はクリエイティブ職向き、自分ならどのように改善するかを考える人はプロデューサー職向きだと言えるでしょう。

クリエイティブな仕事の分類

クリエイティブな仕事はジャンル別に3つに分けられるため、それぞれご紹介します。

①デザインに関する仕事

デザインに関する仕事とは、クライアントから依頼を受けてクライアントの持つイメージを形にする仕事のことです。

PCを使って作業をすることが多いのが特徴的だと言えるでしょう。

主に次のような仕事があります。

仕事の種類 仕事の内容
Webデザイナー Webサイトのデザインや設計、コーディングなどを行う
ゲームデザイナー ゲームのキャラクター、背景などのビジュアルや画面をデザインする
グラフィックデザイナー ポスター、パンフレット、雑誌や広告など紙媒体のデザインを行う
イラストレーター 紙媒体やWeb上で使用する挿絵やイラストを描く

 

②映像に関する仕事

クライアントの依頼で最適な映像作品や動画を作成する仕事です。

撮影・編集など業務内容は多岐に渡り、動画や映像に挿入するBGMの編集なども合わせて行います。

次のような仕事が有名です。

仕事の種類 仕事の内容
動画・映像クリエイター アニメーション、ゲーム、動画プラットフォーム、Webサイト、テレビ番組、広告などで用いる動画や映像を作る
フォトグラファー 紙媒体やWeb上で使用する画像を撮影する

 

③文章に関する仕事

クライアントが求める目的(認知度アップ・集客・販売・ターゲット顧客との関係構築など)に合った文章を作成する仕事です。

目的別に内容や書き方が異なるため高い文章力と対応力が求められるでしょう。

主な仕事は次の通りです。

仕事の種類 仕事の内容
コピーライター 紙媒体の広告、テレビ・ラジオCM、Web広告などに用いられるキャッチコピーを制作する
Webライター Webサイト上のブログ、LPなどの記事を作成する
ライター 紙媒体の記事を作成し、必要な場合は取材も行う

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

クリエイティブな仕事に就くために、向いている人とは?

クリエイティブな仕事への適性がある人にはどのような特徴があるのでしょうか。

5つご紹介します。

革新的に物事を考えられる人

クリエイティブな仕事をするには、アイデアやひらめきを大切にする必要があります。

そのため、慣例や伝統などの枠にとらわれず、常に新しい発想で物事を考えることのできる人がクリエイティブな仕事には向くと言えるでしょう。

普通では考えられないような作品を形にするためには、革新的であり続ける必要があるのです。

コミュニケーション能力の高い人

クリエイティブ職においては、クライアントのイメージを形にするのが仕事であることと、たくさんの立場の異なるスタッフと協力して1つの作品を作り上げる場合もあることから、コミュニケーション能力の高い人が向いていると言えます。

さまざまな人の意見を調整しながら取り入れるだけではなく、自分の意見もしっかりと伝え、齟齬のないように気を付けながら仕事をしていく姿勢が大切です。

流行に敏感な人

目新しく価値がある作品を作り続けるためには、時代のニーズを読み取る力が重要です。

つまりさまざまな商品やサービスがあふれる世の中で、人の注目を集めるものやマンネリ化しないものとは何かを汲み取りながら自分の作品制作に取り組む必要があるのです。

情報感度が高く、新しいものが好きで良い意味でミーハーな人、常にWeb上やSNS上で情報収集をするのが苦にならない人はクリエイティブな仕事に向いていると言えるでしょう。

辛抱強く地道な努力ができる人

クリエイティブな職についている人は持って生まれた才能を活かして仕事をしているため、あまり苦労もなく作品制作に取り組んでいると誤解されがちです。

しかし、ひっそりと次のような努力をしている人が実は多いのです。

・細部までこだわった作品制作を心掛ける

・日常的にアイデアを考え、ひらめいたら即座にメモを取り忘れないようにしている

・周囲の人たちから常に学ぶようにしている

・最初から全てやり直しを指示されてもくじけないよう精神力を鍛えている

・優れた企画力や発想力があったとしてもおごることなく謙虚に最後まで作品を作り上げるようにしている

・試行錯誤を繰り返しながら納期内によりよい作品に仕上がるよう努力する

クリエイティブな仕事への転職だけではなく、その先の成功までを考えると地味な努力を厭わない人が一番適性があると言えるでしょう。

仕事とプライベートが混在しても苦にならない人

一般的な働き方であれば、仕事とプライベートは分けたいと考えるのが当然の感覚です。

しかし、いつやってくるのかわからない「ひらめき」をベースとしたクリエイティブ職では、仕事の時間とプライベートの時間をはっきりと区別することは難しいでしょう。

そのため両者が混在することを楽しめる人は、クリエイティブな仕事に向いていると言えるのではないでしょうか。

 

未経験からクリエイティブな仕事に就くには?

未経験からクリエイティブな仕事に就くためのポイントを3つご紹介します。

基礎的な知識や技術を習得する

未経験からクリエイティブな仕事に就くためには、まず基礎的な知識や技術を習得しましょう。

あまり難易度の高いことは含まれないため、書籍やオンラインスクールで手軽に学ぶことのできる内容が多いでしょう。

例えば、書籍なら1冊の本を最初から最後までじっくりと読み込むこと、オンラインスクールで学ぶならあまり範囲を広げず焦点を絞って学ぶことをおすすめします。

基礎をしっかりと築いておくことによって、仕事で求められる応用力が自然と身に着くためです。

すぐに実践に繋げるためにも、基礎的な知識や技術は丁寧に学んでおくことをおすすめします。

小さな仕事から始め、ポートフォリオを充実させる

基礎的な知識や技術がある程度身に着いたら、実務経験を積みましょう。

クラウドソーシングサイトに登録して、自分のレベルに合った小さな仕事から始めてみるのです。

クリエイティブな仕事を依頼するクライアント側は、実は技術の有無以上にスムーズな打ち合わせができるコミュニケーション能力や、納期を守ることができる責任感を大切にしています。

クラウドソーシングサイトでは、コミュニケーションがサイト上のみでのやり取りとなり、納期も対面して指示されているわけではないため、仕事に対するその人の本当の責任感が表れやすいのです。

クラウドソーシングサイトでそのようなことを乗り越えて実績を積むことができれば、ポートフォリオも少しずつ充実してきます。

小さくても、仕事を納期までに完成させたことが次への自信につながるでしょう。

仕事で有利になる資格を取得する

同じ未経験でも資格があった方が、クリエイティブな仕事に就くのに有利になることもあります。

クリエイティブ職に就くのに必須の資格というのはありませんが、熱意をアピールするために資格を取得するのは良いことだと言えるでしょう。

クリエイティブ職においては次のような資格を取得するのがおすすめです。

・色彩検定

・インテリアコーディネーター

・Illustrator、Photoshopクリエイター能力認定試験

・カラーコーディネーター

・DTP検定

・校正技能検定

採用する側としては、資格を取得した人を学習意欲の高い人だと感じるため、もし仕事に活かせる資格がある場合は取得を検討するのがよいでしょう。

クリエイティブな仕事への転職を考えているなら、「エンタメ人」へ!

クリエイティブな仕事への転職を考えているなら、エンタメ業界専門の転職エージェント『エンタメ人』にご相談ください。

『エンタメ人』は、キャリアアドバイザーにはエンタメ業界経験者が多数在籍している、エンタメ特化・転職支援サービスです。現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったり、とキャリア関連の相談が無料で行えます。

また『エンタメ人』では、ここにしかない非公開求人や高待遇案件を多数掲載しています。運営会社である株式会社エイスリーは、タレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界の各社と太いつながりがあります。そのため、業界とのつながりを通じた特別案件のご紹介が可能となっています。

そして、専門アドバイザーだからこそ可能な徹底したサポートにより、書類選考・面接対策で内定獲得率をアップさせていきます。登録から内定まで最短2週間でのスピード転職も実現可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!