【転職できる年齢の限界は?】20代から50代までの転職事情とポイントをご紹介

日本企業では未経験での転職年齢について非常に重視しています。自分のキャリアを考えた時にもとても重要なポイントとなりますので、それぞれの転職年齢に合わせた転職市場についてご紹介していきます。

この記事の監修者

荻原
荻原キャリアアドバイザー

大学では、2Dアニメーションの他にMaya、3DMAX等3DCG技術、制作進行等を学修。
大学卒業後、大手映像制作会社にてプロデューサーとして企画、面接、キャスティング、予算管理からディレクションまで幅広い業務に携わる。

プロデューサーとしての経験を活かし、他とは違う一歩進んだ支援を実施いたします

何歳で転職するのが正解?気になる年齢別の転職事情

実際に転職するとなったら、何歳で転職するのがベストでしょうか?年齢によって転職市場や企業からの見え方は全く異なりますので、各年代ごとに転職事情についてお伝えしてきます。

20代前半なら未経験チャレンジ!!一からキャリアをスタート出来る

20代前半は、いわゆる第二新卒と呼ばれる年代です。第二新卒では社会人歴が非常に浅い分、新卒と同じようにポテンシャルややる気次第で全く違う業界・職種へのチャレンジがしやすく、会社次第では新卒枠で応募できるところもあります。

早期退職になるため「転職理由の納得感」については企業も気にしていますが、それさえクリアできれば殆どの業界・職種で一からキャリア形成をすることが可能です。また今後のキャリアステップに向けて、目標とする業界・職種に辿り着くための「踏み台」となる企業を経験してから、20代のうちにもう一度転職することも出来ます。つまり第二新卒のうちなら様々な道を選ぶことが出来るのです。

評価が高くなりやすい!20代後半からのキャリアアップ

20代後半は第二新卒と比べて社会人歴が長く実績を残せる機会が多いことに加えて、若手だからこそのポテンシャルも感じて貰えることから、高い評価をもらいやすい年代です。そのため30代以降のキャリアアップに向けてチャレンジしていくことが出来ます。

そのため未経験の業界・職種へも転職しやすく、学歴や景気によってはコンサルティングやリサーチャー会社への転職も十分可能です。また経験を活かせる仕事についてもある程度のキャリアがあるので、年収アップやリーダー・マネージャー候補としての採用も見込みがあります。もし20代後半で転職を考えるなら、興味がある業界や職種を幅広く応募するのがおすすめです。

30代は経験業種を中心に、未経験業種にもチャレンジ可能!

30代の転職は20代と比べて未経験チャレンジの幅が狭くなりますが、十分に可能性のあるタイミングです。特に30代前半であれば異業界・異職種への転職は視野に入れて問題ありません。

ただ景気や応募職種によってはかなり厳しい状況にもなりますので、これまでの経験をダイレクトに活かせる「経験業種」での応募も並行して行うことをおすすめします。特にこれまでの経験職種と、仕事の進め方や頭の使い方がまったく違う仕事の場合、自分自身が仕事に馴染むまで苦労するケースも少なくありません。異業界・異職種一本での転職活動はリスクが高いので、出来るだけ経験軸と未経験軸の2軸で応募していきましょう。

経験を活かす転職が強い!40代の転職は経験to経験をベースに

40代の転職では、未経験チャレンジが可能な求人がぐっと少なくなります。そのため転職活動の成功率を上げるには経験してきた業界・職種での応募がベストです。しかしこれまでのキャリアで高いスキルや希少価値が高い経験をしており、それが汎用性の高いものであれば未経験チャレンジも視野に入れることが出来ます。

例えば大規模な人数のマネジメント経験や、プロジェクトの企画・運営といった経験、または特定業界や人材に対する人脈などは、どの業界でも使える汎用性の高いものです。もしこれまでのキャリアでそういった経験・スキルがあれば積極的に活かしていきましょう。

ただ社会人歴20年以上を同じ業界で経験していたり、役職について上司として仕事をしてきた方は、異業界・異職種へ転職すると仕事の進め方に馴染めなかったり、自分より10歳も15歳も年下の社員に仕事を教わることが精神的に苦しかったりすることは珍しくありません。そのため内定が貰えるかどうかではなく、入社後に本当に活躍できるのかを考えておく必要があります。

50代は経験を活かす+自分を採用するメリットを明確に提示しよう

50代の転職活動では完全に即戦力採用となり、未経験での就職はかなり難しいものとなってきます。加えてただ即戦力になれば良いだけではなく、会社に「自分だからこそ採用するメリット」を感じてもらわなければいけません。そのため応募先企業に対してこれまでの自分のキャリアや経験・スキル・人脈がどのように活かせるのかを明確に提示しましょう。

また活かせる経験が10年・20年も前のことでは即戦力とはなり得ませんので、社会人経験を通して一貫性のある経験やスキルを提示するか、直近5年ほどの経験からアピールを行う必要があります。決して簡単な道ではありませんが、これまで培ってきた強力なスキルの活かし方を企業に提示できれば十分可能性がありますので、転職市場と自分のキャリアを冷静に捉えて転職活動を行いましょう。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

異業界・異職種に未経験転職したい場合は何歳が限界?

異業界・異職種に転職したい場合について、実際のところ何歳が限界となるのでしょうか?目安の年齢についてご紹介していきます。

業界・業種次第で限界はなし。ただ、人気の仕事を選ぶなら早めがベター

どの業界・職種に転職したいかによっても差はありますが、選ばなければ正直限界はありません。特定の職種であれば60代以降でも未経験採用していることもありますので、未経験の転職を大きな枠で捉えた場合には何歳からでも可能です。

しかしながら、人気のある仕事の場合はどうしても書類選考の段階で応募者をスクリーニングする必要がありますので、人気の職種や業界にチャレンジしたい場合には他応募者に競り勝つためにも出来るだけ早期に転職活動を行う必要があります。

異業界×異職種の転職は20代前半の第二新卒のうちがおすすめ

上記の通り限界はありませんが、それでも異業界かつ異職種へ転職するなら第二新卒といわれる20代前半がおすすめです。ゼロベースでキャリアを構築しなおすことが出来る貴重な機会ですので、もし第二新卒で今とまったく違うキャリアに挑んでみたいと考えている人は早期にチャレンジすることをおすすめします。

特に新卒でしか採用していない大手マスコミ会社やメーカーなどの超人気企業については、新卒採用時の「第二新卒枠」でチャレンジできる可能性もあるので非常に貴重な機会です。こういった会社は相当なキャリアを積まない限り中途採用からの転職は厳しいので、ぜひ有効活用してください。

20代後半からは、異業界×同職種の転職で年収アップのチャンスあり

20代後半で年収を上げていきたいと考えている人は、異業界でも良いので同職種で経験を活かせる仕事を探すのがおすすめです。ある程度キャリアを積んでいることに加えて、もし実績も残せていれば即戦力性の高さを見込んで高い年収でオファーが出ることも珍しくありません。

もし年収アップを望まないなら異業界・異職種への転職でも問題ありませんが、待遇改善や年収アップを望むならこれまでの職種経験を活かしてみましょう。

転職で年収を上げるための3つのポイント

転職活動をして年収を上げたい場合、どういった点に気を付ければ叶えることが出来るでしょうか?押さえるべき3つのポイントについてご紹介します。

自分のスキルを必要としている度合いが高い業界・企業を選ぶ

自分が培ってきたスキルが求められる環境へ転職すれば自然と年収がアップします。その度合いが高ければ高いほど高い年収でオファーが出る可能性が高くなりますので、まずは自分のスキルを必要としている業界や企業を選んでいきましょう。

分かりやすいのは同業界・同職種への転職ですが、もちろん即戦力性が高い場合には異業界でも問題ありません。その際気を付けておくべきなのは、活かせるスキルが「主業務で培ってきたものかどうか」です。業務の片手間やサブとしてやってきたことでは即戦力性は認められませんので、自分のメインとなる仕事内容を活かせる場所を選んでいきましょう。

自分の経験・知識を必要としている企業を選ぶ

これまでの業界経験で培ってきた経験や知識を活かせる会社を選ぶのも年収アップに繋がるポイントです。特に専門性の高い業界になればなるほど、その業界での培ってきた経験や知識に対する重要度が高まります。そのため同業界の企業や、これまで経験してきた業界を相手に仕事をするような企業を選ぶと年収が上がりやすいです。

少数精鋭の業界で希少性の高いキャリアを築く方向性に進む

ベンチャーやスタートアップ企業はもちろんのこと、IT業界やエンタメ業界といった少数精鋭の業界や、希少価値の高いスキルが身につくキャリアを積んでいくことで今後の年収アップが見込めます。

転職してすぐは難しいかもしれませんが、少数精鋭の業界なら経験を積んでいくことで重要なポストに就くことが出来る可能性が高まりますし、希少価値が高いスキルを身に付ければスキルが上がっただけ自分の市場価値が高まるので、将来の長いキャリアを見越して上記のような業界へ早期にシフトチェンジして一からキャリア形成していくのも有効な手段です。

エンタメ業界への転職に興味がある方はエンタメ人まで!

好きなことを仕事にしたい、そのうえでキャリアアップや年収アップがしたいという人はエンタメ業界がおすすめです。なぜならエンタメ業界は企画職から技術職まで幅広いポジションがあることに加え、少数精鋭で仕事を進める会社が多く、希少価値の高い経験を積めるからです。

そんなエンタメ業界について詳しく知りたいなら、エンタメ業界に特化した転職エージェントである「エンタメ人」のアドバイザーに詳しく話を聞いてみてください。長年エンタメ業界で人材事業を行ってきたため、業界の知見も豊富なアドバイザーが多く、会社の詳しい事情についてもよく知っています。

まずは無料相談で、プロの転職アドバイザーに自分のキャリアの活かし方や年収アップするための方法を詳しく聞いてみてください。